便秘に効果的なオリーブオイルの摂り方

便秘解消に良いといわれているオリーブオイルですが、摂取の方法を間違えてしまうと、効果を得られないどころか、逆効果になることもあるんです。
ただ飲めば良いのではなく、摂り方も大切なのです!
今回は、便秘体質を改善するためのオリーブオイルの効果的な摂取ポイントをご紹介します。

ポイント① 朝食時に摂取

1日の中で、腸のぜん動運動が一番活発だといわれているのが朝です。
つまり、朝にオリーブオイルを摂取することが、便秘改善には最も効果的ともいえます。摂取の仕方としては、朝食時に食事と一緒に摂取するようにしましょう。
オリーブオイルを摂取することで、便とオリーブオイルが絡み、滞った便の通りがよくなり、腸内に溜まった老廃物を排出しやすくしてくれるでしょう。
ただし、朝食を抜いてオリーブオイルだけ飲むというのはNGです。オリーブオイル単独摂取ではなく、食事も摂って、オリーブオイルも摂ってください。食事を摂らなければ、腸のぜん動運動は鈍くなりますので、滞った便を押し出すためにも、食事を抜いてはいけません!

画像: ポイント① 朝食時に摂取

ポイント② 摂取目安は大さじ1杯

いくら体に良いといってもオイルは全てカロリーが高いのが特徴です。
大さじ1杯程度100キロカロリーオーバーです。
摂取し過ぎてしまうと、カロリーオーバーとなり、健康や体型に逆効果をもたらすことも…。しかし、摂取量が少なすぎると、胃の中ですぐに消化吸収されてしまうので、便にまで届か居ないこともあるんです。
オリーブオイルは「スプーン大さじ1杯」を目安に摂取するように心がけましょう。

ポイント③ 脂肪酸が豊富なオイルを選ぶ

オリーブオイルといっても、ピュアオイルやエキストラバージンオイルなどの種類があります。便秘解消に効果があると言われているのは「エキストラバージンオイル」です。
エキストラバージンオイルは、オーガニックオイルですので、化学処理が行われていないことから良質な脂肪酸といえます。
良質な脂肪酸は摂取しても脂肪として蓄積されにくく、腸内で良い働きをしてくれるでしょう。
オリーブオイルを購入の際は「オーガニック」、「エキストラバージンオイル」、という表示をチェックするだけでなく、価格が安すぎるものは選ばないように注意しましょう。

画像: ポイント③ 脂肪酸が豊富なオイルを選ぶ

おわりに

オリーブオイル体に馴染んでいくまでに時間がかかります。「便秘が良くなった!」と効果を実感するまでの期間は個人差があります。
オリーブオイルは薬ではありませんので、長い目で見て便通を改善していきましょう。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.