脂質太りにおにぎりダイエットが効果的!?

近年流行している「糖質制限ダイエット」で、多くの方が効果を実感している一方で、痩せられない…という方もいます。
糖質を制限しても体重や体型に思うような変化が出ない場合、「脂質太り」である可能性があります。脂質太りとは、その名の通り、糖質を食べ過ぎているのではなく日常的に脂質を摂り過ぎていることで、脂肪になってしまっていることです。

そんな脂質太りで悩んでいる方におすすめなダイエットが「おにぎりダイエット」です。
おにぎりダイエットとは、炭水化物をメインに食べることでおかず(脂質)を控えて脂質太りを解消するダイエットです。
おにぎりダイエットのやり方は非常に簡単です。ポイントは3つ!

① 毎食2~3個程度のおにぎりを食べる
② パンは食べない
③ 野菜をたっぷり摂る

ごはんは糖質であるゆえに「太る!」と思われがちですが、実はダイエットに役立つ成分がたくさん含まれているんです!

画像: 脂質太りにおにぎりダイエットが効果的!?

おにぎりダイエットの効果

① 血糖値の上昇を防ぐ

お米は炭水化物です。炭水化物=糖質ですので、食べると血糖値が上昇し、インスリンが分泌されます。すると、血中のブドウ糖をエネルギーに変えるのですが、このとき糖質を摂り過ぎてしまうと、ブドウ糖が血中に余ってしまいインスリンがブドウ糖を脂肪として溜め込んでしまうのです。このメカニズムから、ごはんは太ると思われているのですが、実はお米は他の炭水化物や甘いものなどと比べると、血糖値の上昇が緩やかなのです。つまり他の糖質よりも、インスリンの分泌量が緩やかなので、体に脂肪が溜まりにくいのです。

② 脳を活性化

過剰な糖質制限ダイエットの弊害の一つに「脳の働きの低下」があります。
適度に糖質を摂ることで、ブドウ糖が血中に流れるのです。脳が正常に働くための唯一のエネルギーと呼ばれているのが、このブドウ糖です。
ですから、極端に糖質を制限してしまうと、脳にエネルギーが届かずに脳の働きが悪くなってしまうのです。おにぎりダイエットの場合、それはないので、体と脳の元気を維持することができます。

③ 便秘解消

ご飯にはデンプンが含まれています。
デンプンは冷えると、レジスタントスターチというデンプンに変わります。
このデンプンは、体内に入っても消化されにくく、大腸にまで届きますので、食物繊維と同じように大腸を掃除してくれる作用を持っているのです。

画像: ③ 便秘解消

おわりに

おにぎりダイエットの最大のポイントは野菜をしっかり摂ることです。
野菜に含まれる食物繊維、ビタミン、ミネラルは、エネルギー代謝を効率よく働かせることで、糖質を脂肪にさせないようにサポートしてくれるのです。
脂質太りで悩んでいるなら、おにぎりダイエットにチャレンジしてみてはいかがでしょう。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.