痩せるとバストダウンしてしまう理由

体が痩せるのは嬉しいけど、胸も痩せてしまうのは望んでいませんよね。
では、ダイエットによって胸が痩せてしまう原因は何にあるのでしょうか?

① たんぱく質不足

体は栄養が不足すると、脂肪をエネルギーとして燃焼します。身体の中で最も燃えやすい脂肪は、お尻でも太ももでもなく、「胸の脂肪」といわれているんです…。
ダイエット中は、普段よりも食事の量に気を遣ったりして、栄養不足になりがちです。
女性の場合、ホルモン分泌に必要な栄養が不足してしまうと、卵巣の働きが低下します。すると、女性ホルモンの生産・分泌が低下し、ホルモンバランスが崩れていきます。これにより、バストを作るホルモンも分泌されなくなってしまい、胸が痩せてしまうのです。
さらに、炭水化物抜きダイエットをしている方は「たんぱく質」が不足しがちになります。たんぱく質は胸をつくる材料ですので、当然ですが胸は栄養失調になり、小さくなってしまうのです。

② コレステロール不足

ダイエット中というのは出来るだけ「コレステロール」の少ないヘルシーなものばかりを食べるようになります。体には良くないと思われがちなコレステロールですが、実は女性ホルモンの原料になっている栄養の一つがコレステロールなのです。
ですから、コレステロールを極端に減らすと、女性ホルモンの分泌が低下してしまいます。
脂肪分を極端に減らすことは胸を残すダイエットには適切ではないのです。

画像: ② コレステロール不足

ダイエットで消えた胸を取り戻すには?

① コレステロールを摂る

コレステロールといえば「脂っこい食事」をイメージされるかもしれませんが、決してそういった食事をおすすめしているわけではありません。
コレステロールはただ単に「脂もの」ではなく、脂ものではないものにも豊富に含まれているんです。たとえば、卵が良い例です。卵は、コレステロールが高く、タンパク質、ビタミン類も豊富に含まれていますので、女性ホルモンの分泌にも期待できる食べ物です。

② 胸周辺の血液循環を改善しよう!

摂った栄養を届けるのは血液ですので、血液の流れを良くするバストマッサージも大切です。ダイエットと並行して、お風呂などでバストマッサージをすることによって、バストをつくる栄養をしっかりと届けましょう。

画像: ② 胸周辺の血液循環を改善しよう!

おわりに

どんなに痩せても、胸が減ってしまうダイエットは成功とは言えません。
引き締まった体にふっくらとしたバストがあるからこそ、女性の体は美しいのです。
体に必要な栄養をしっかり摂って、今よりももっと美しい体になりましょう!

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.