カフェイン摂取の蓄積がシミを生む!?

ご存知のように、コーヒーを始めとした、ココア、緑茶などには多くのカフェインが含まれています。実は、このカフェインが、皮膚の色素沈着を進行させる可能性があるといわれているのをご存知でしょうか。

日常的にカフェイン飲料を摂取する習慣がある人、飲む前の肌と今の肌を見比べてみてください。最近、なんかシミが増えてきたなぁ…と感じたら、もしかしたらカフェインの影響もあるかもしれません!

ではなぜ、カフェインが色素沈着を進行させてしまう恐れがあるのかといいますと、シミの原因ともされている「メラニン色素」が関係しています。
カフェインは、もともと集まっているメラニン色素を拡散させ、シミの範囲を広げたり色素沈着を悪化させる作用があるという説があるのです。

画像: カフェイン摂取の蓄積がシミを生む!?

カフェインはターンオーバーを乱す可能性も…

カフェインがシミを生むといわれている理由は色素沈着を進行させるだけではありません。シミを和らげるために大切なターンオーバーをカフェインが邪魔をするんです。
というのも、自律神経は交感神経と副交感神経の2つの神経から成り立っているのですが、休息タイムである夜は副交感神経が優位になります。

しかし、カフェインを日常的に摂取していることで、常に交感神経が活発になってしまい、入眠の際も脳が休息モードに入らず、質の良い睡眠がとれないのです。
質の良い睡眠がとれないと、当然ですがターンオーバーは乱れます。ターンオーバーが乱れると、キレイに剥がれ落ちるはずだったシミの素が上手く剥がれ落ちず、そのまま色素沈着してしまいシミになってしまうのです…。

シミを防ぐためには、日常の中でカフェインが多い飲み物は出来るだけ摂らないようにすることが大切です。

【カフェインが多く含まれているも飲み物】
コーヒー、ココア、緑茶、紅茶、ウーロン茶、コーラ

【カフェインが含まれていないもの】
麦茶、プーアル茶、ルイボスティー

画像: カフェインはターンオーバーを乱す可能性も…

おわりに

それでもカフェインが入ったものが止められない!という方は、カフェインが入っているものの中でも含有量の少ないものを選んだり、カフェインレスのものを選んだりしてみるのも良いかもしれませんね。好きなものを全て止める のではなく、控えたり、違うものに変えたりして、無理なくカフェインを減らしていきましょう。

カフェインの入った飲み物は気分転換やヤル気スイッチを入れる際にはぴったりの飲み物ですので、1日の摂取量を守って、上手く取り入れていきましょう。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.