内側から紫外線をカット!

紫外線から肌を守るために、日焼け止めや日傘などのUVケアを徹底している女性はたくさんいます。しかし、どれだけ紫外線対策をしていても、悲しいですが100%紫外線をカットすることは難しいです。しかし、外側だけでなく内側からも紫外線対策をすることで、より高い紫外線対策をすることが出来るんです!
今回は、体を紫外線ダメージに強くする美白食べ物をご紹介します。

紫外線ダメージに強くなる美白食材

① 赤い野菜

赤い野菜といえば、トマトや赤パプリカが思い浮かびますよね。
赤い野菜の多くに「リコピン」という成分が含まれています。リコピンとは、カロテノイド色素のことです。カロテノイド色素は、紫外線から体を守ろうとする働きが強いといわれているんです。とくに、トマトや赤パプリカは生で食べるよりも、加熱調理した方がリコピンの含有量がアップしますので、紫外線対策のために摂取する場合は、過熱して摂りましょう!

画像: ① 赤い野菜

② 緑の野菜

緑の野菜といえば、ピーマンやブロッコリー、ほうれん草などがあります。
これらの緑の野菜は、βカロテン、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどを始めとした多くのビタミン類が含まれています。これらのビタミン類は紫外線を予防するだけでなく、紫外線を受けた後の肌を修復する作用があるといわれています。
紫外線を浴びる前はもちろん、浴びた後も積極的に摂るようにしましょう!

③ アーモンド

ナッツ類にはビタミンEが含まれているのですが、アーモンドは特にビタミンEが豊富に含まれています。ビタミンEは紫外線から肌を守ってくれるケルセチンという大量のフラボノイドが含まれているんです。
ただし、一粒でもカロリーが高く、脂質も多いので、食べ過ぎは控えましょう。

④ サーモン

サーモンには「アスタキサンチン」という成分が含まれています。アスタキサンチンはカロテノイド色素の一種で、強い抗酸化作用を持っています。
強い抗酸化作用によって、シミの原因ともなる活性酸素を除去し、シミやくすみ、黒ずみのもとである色素沈着から肌を守ります。


画像: ④ サーモン

おわりに

実は、紫外線対策には「チョコレート」もおすすめなのです!
チョコレートといっても、ミルクチョコなどではなく、「カカオ70%以上のダークチョコレート」です。カカオ含有量が多いチョコレートには、豊富なポリフェノールが含まれています。良質なポリフェノールは紫外線の耐性を強くしてくれるので、紫外線対策のためにもおやつは「カカオ70%以上のダークチョコレート」にしてみてはいかがでしょうか?

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.