コンビニ弁当やレトルト食品は「添加物」だらけ

コンビニ弁当やレトルト食品などの加工食品は、便利です。
近年では賞味期限が長いものも多く、いつでもおいしく食べられるものが増えたことで、加工食品を主食として食べる人も多くなりました。
しかし、便利で美味しい理由を考えたことはありますか?
便利で美味しいレトルト食品が当たり前になっていますが、いつでも美味しく食べられるのは「食品添加物」が入っているからです。長い賞味期限が設けられるのは、保存料、防腐剤が入っているからです。いつでも美味しいの理由は、「化学調味料」と「添加物」がたっぷりと入っているからなのです…。

添加物=活性酸素の発生=シミ

中には自然な食品添加物もありますが、多くは人工的に作られたものであり、体に入れば不自然なものとして認識されます。
食品添加物と、シミの原因とされる活性酸素の関係は非常に深いことがわかっています。
添加物が入っているものを食べるほど活性酸素を発生させてしまっているともいわれています。

紫外線の吸収が活性酸素の発生(シミ)となってしまうのはなぜだと思いますか?
それは、体にとって紫外線が「有害物質」として扱われてしまい、防御反応として活性酸素が増えるのです。つまり、添加物も体にとって「有害物質」として扱われますので、活性酸素を発生させてしまうのです。

少し大げさかもしれませんが、紫外線を浴びることと添加物を取り入れることは同じことだと考えても良いのかもしれません。

画像: 添加物=活性酸素の発生=シミ

添加物の少ないものを選ぶことがシミを防ぐ

食品添加物の入っているものを食べることで活性酸素が生まれるのだとしたら、それを減らすためには食品添加物を体に摂り入れないことがシンプルな解決方法です。
しかし、近年の食生活の中で、添加物0を目指すのはなかなか難しい課題です。
家事や仕事で忙しい毎日の中で365日自炊するのは大変ですし、自炊するための調味料の中にも添加物は潜んでいます。たまには外食だってしたいですよね?

添加物0生活は無理でも、出来るだけ摂らないようにすることは出来ます。
例えば、食品添加物の多いレトルト食品やインスタント食品、出来合いの惣菜などは避けるようにするだけでも生活の中から添加物を大幅に減らすことができます。

それが難しいようでしたら、市販の惣菜やお弁当を選ぶときに賞味期限の短いもの、色が鮮やかではないものを選ぶだけでもOKです。
賞味期限が短いということはそれだけ食品がナチュラルなものということですし、色が鮮やかではないものは着色料や合成剤を極端に使っていない証拠です。

画像: 添加物の少ないものを選ぶことがシミを防ぐ

おわりに

ちょっとした工夫で、添加物を生活の中から減らすことは可能です。
無理をせずに、自分が出来るところまで止めて、あとは継続していくことがシミの予防にもなるんですよ。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.