基本的にダイエット中のカップラーメンはNG!

ダイエット中の食事にインスタント食品はおすすめしません。
中でも、カップラーメンやカップうどんなどはカロリーが高く、糖質も高いので、ダイエット中に食べてはいけない食べ物のトップクラスに入ります。
しかし、そんなことはわかりきってはいるけど、どうしても「食べたい!」「我慢できない!」というときがあるかと思います。とくにインスタント食品が好きな方は、ダイエットよりも食べたいものを食べれないことがストレスになってしまうでしょう。
そこで今回は、カップラーメンを食べても太りにくいコツをご紹介します。

ダイエット中にカップラーメンを食べるコツ

① ノンフライ麺を選ぶ

通常のカップラーメンはほぼすべてがフライ麺です。フライ麺とは一度油で揚げることで麺の美味しさを保つ加工なのですが、これがカロリーが高くなってしまう理由でもあります。そこで、登場したのが「ノンフライ麺」です。
通常のフライ麺のカップラーメンは一杯で500kcal近くあるのですが、ノンフライ麺のカップラーメンであれば一杯300kcal以下のものも販売されていますので、ダイエット中に食べるのであればノンフライ麺のものを選びましょう。

② シーフード味を選ぶ

脂肪を燃やす栄養に「タウリン」という成分があります。
タウリンは魚介類に多く含まれており、脂肪燃焼効果が期待できることもわかっています。
ですから、カップラーメンの味も醤油や味噌などではなく、シーフード味を選びましょう。

画像: ② シーフード味を選ぶ

③ ラーメンを食べる前に野菜を摂る

カップラーメンは糖質の塊です。カップラーメンだけを食べると、血糖値が急激に上がってしまい太りやすい状態を作ってしまいます。
血糖値の上昇を防ぐためには、血糖値の上昇が緩やかな「野菜」を先に摂取することが大切です。カップラーメンよりも先に野菜を食べることで、急激な血糖値の上昇を防ぎ、栄養のバランスをとることもできます。

④ スープは飲み切らない

カップラーメンの容器に記載してあるカロリーの1/3がスープだと思ってください。
スープの大半は塩分と脂質で出来ていますので、飲み干してしまうと、代謝に時間がかかってしまいますので、脂肪になりやすくなるのです。
ダイエット中は、スープは飲み干さないことを守って食べましょう。

画像: ④ スープは飲み切らない

おわりに

前提として、ダイエット中のカップラーメンはNGです。
カロリーも高いですし、ビタミンもほぼないですし、消化にも時間がかかり、脂肪として蓄積しやすい食べ物の代表です。
それでも、どうしても食べたいというときは、今回ご紹介したポイントを守って食べて、翌日はいつもよりたくさん動いて消費してくださいね。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.