そのまま摂取するのはちょっと…

オリーブオイルが便秘改善に良いのは知っているけど、油を直接口にするのは抵抗がある…という方も少なくありません。
オリーブオイルはサラダ油などと比べるとサラッとしており、比較的飲みやすいものの、少量であっても油を飲むのは重いと感じる人もいるでしょう。
そこで、オリーブオイルを摂りやすくするために、オリーブオイル+αの食べ物をご紹介します。

① オリーブオイル+納豆

発酵食品である納豆も便秘に良いとされる食品の一つです。
納豆には不飽和脂肪酸の一つ「リノール酸」が含まれています。リノール酸には、腸内の悪玉コレステロールを押さえて、善玉コレステロールを増やす働きがあるのです!

また、納豆は植物繊維も豊富です。便秘によって増えてしまった老廃物を食物繊維が取り除いてくれるのです。さらに、納豆に含まれるナットウキナーゼ、ビタミンEは、ダイエットにも効果がありますので、体の中からスッキリ!

そんな納豆とオリーブオイルは、便秘改善の最強のタッグです。
食べ方としては、納豆をかき混ぜて、納豆のたれを入れる前にスプーン一杯のオリーブオイルを入れて混ぜたら、最後にたれを入れてまた混ぜます。

画像: ① オリーブオイル+納豆

② オリーブオイル+ヨーグルト

納豆と同じ発酵食品のヨーグルトもオリーブオイルとの相性が良いんです。
ヨーグルトは乳酸菌の他にもビフィズス菌が含まれています。乳酸菌もビフィズス菌も悪玉コレステロールの働きを抑えて、お腹の調子を整えます。これにより、排便もスムーズにるのです!食べ方としては、サラダにドレッシングをかけるように、ヨーグルトにオリーブオイルを垂らして混ぜてください。甘味が欲しいときは、お腹の調子を整えるオリゴ糖やはちみつを加えてみてください。ヨーグルトに付属している砂糖や、市販の白砂糖は悪玉菌を増やしてしまう原因になりかねませんので、極力使わないようにしましょう。

③ 豆腐+オリーブオイル

大豆食品は体に良いだけでなく、ヘルシーで腹持ちも良いのが特徴です。
豆腐は大豆と水分が豊富ですので、水分がなくなってカラカラに固まった便にも優しい食品ですので安心して食べてくださいね。
食べ方としては、スライスした豆腐にオリーブオイルをかけて軽く塩を振るだけです。
スライスしたトマトを挟むと、カプレーゼのように食べることも出来ますよ。

画像: ③ 豆腐+オリーブオイル

おわりに

今回ご紹介した+αの食べ物は、単体で食べても美容と健康に良い食べ物です。
そこへオリーブオイルを加えることで、より排便作用を高めます。
+αで、美味しく無理なくオリーブオイルを摂取しましょう!

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.