紅茶のメリット・デメリット

便秘を解消するといわれる飲み物の一つに「紅茶」があります。
しかし、紅茶にもメリット・デメリットがあります!
今回は、便秘中に「紅茶」を飲むメリット・デメリットをご紹介します。

紅茶のメリット

紅茶のメリットは、紅茶に含まれている成分にあります。
紅茶に含まれている代表的な成分に、

①カフェイン
②カテキン
③テアニン

があります。
これらの成分から便秘改善への効能をご紹介します。

① カフェイ ン

コーヒーに含まれていることで有名なのカフェインですが、紅茶にも含まれています。
カフェインは腸のぜん動運動を刺激し、滞った便の排出を促してくれるのです。
コーヒーに含まれるカフェインは100mlあたり40ml程度なのですが、紅茶に含まれるカフェインは100mlあたり20mgと、カフェイン飲料の中では比較的少量ですので、紅茶の方が緩やかに腸を刺激してくれるのです。

② カテキン

緑茶に含まれていることでも有名なカテキンですが、紅茶にも含まれています。
カテキンは善玉菌のエサとなりますので、善玉菌を増やしてくれます。
善玉菌が増えると、悪玉菌の量が減り、腸内環境が改善されます。

③ テアニン

紅茶に含まれているテアニンはリラックス作用があります。
便秘は、ストレスの蓄積によって自律神経が乱れ、腸のぜん動運動が停滞することでも引き起こります。テアニンによって心を落ち着かせ、自律神経を安定させることで、腸ぜん動運動を整えます。

紅茶のデメリット

コーヒーと比較するとカフェインの量は少ないですが、それでも、紅茶は飲み物の中ではカフェインの量が多い飲み物です。カフェインはたくさん摂取してしまうと、胃を荒らしてしまうこともあります。また、利尿作用も強いので、こまめな水分補給としてはおすすめしません。1日2杯程度を目安に飲みすぎを防ぎましょう。

画像: 紅茶のデメリット

便秘を改善する紅茶の選び方&飲み方

便秘解消のためにはどんな紅茶でもOKです。スーパーで売られているもので良いでしょう。便秘解消のために大切なことは、紅茶の種類よりも飲み方にあります。
上記でも述べたように、水分補給の飲み物としてはおすすめしませんので、摂取量を守ることが重要です。1日2杯(400ml)程度にすることです。
また、 砂糖は悪玉菌が増えるきっかけになりますので、加えないように注意しましょう。

画像: 便秘を改善する紅茶の選び方&飲み方

おわりに

紅茶は便秘だけでなく、健康や美肌などにも良いとされている飲み物の一つです。
女性のあらゆる悩みの解決に一役買ってくれる存在ですので、飲み方を守って、上手く活用していきましょう!

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.