りんごジュースのメリット・デメリット

便秘を解消するといわれる飲み物の一つに「りんごジュース」があります。
しかし、りんごジュースにもメリット・デメリットがあります!
今回は、便秘中に「りんごジュース」を飲むメリット・デメリットをご紹介します。

りんごジュースのメリット

りんごジュースが便秘に良いとされる大きな要因は主成分である「りんご」にあります。
そのまま食べても良いりんごなのですが、ジュースにすることで消化・吸収を良くするので便秘中にはジュースの方が優しいのです。
では、りんごジュースのメリットをご紹介します。

① 腸を活性化

りんごジュース便秘改善にもたらす理由として、腸の働きを活性化してくれることにあります。主成分であるりんごには、善玉菌になる成分が豊富に含まれているんです!
悪玉菌が増えてしまうと老廃物や毒素が溜まりやすくなってしまい、便秘に拍車をかけます。そこへ、悪玉菌と戦ってくれる善玉菌を増やすことで、腸内環境を整え、老廃物や毒素の排出を促し、便秘改善へと導きます。

② 便を柔らかくする

りんごにはペクチンが含まれています。
ペクチンは水溶性食物繊維ですので、硬くなった便を柔らかくしてくれるのです。

りんごジュースのデメリット

りんごジュースにはたくさんの種類があります。
100%のものから、薄めたものなどがあります。
ストレートタイプのりんごジュースはりんごがまるごと入っているタイプですので、もちろん便秘解消に摂取するならストレートタイプがおすすめです。しかし、生産量が限られており、値段も高めですので、お財布には優しくありません…。
一方で、濃縮還元タイプのりんごジュースもあるのですが、こちらはストレートタイプに比べて低価格なものの、薄めてありますので成分としては弱いのです。

画像: りんごジュースのデメリット

便秘を改善するりんごジュースの選び方&飲み方

便秘予防・改善のためにリンゴジュースを飲むならストレートタイプのものを選びましょう。より効果を求めるなら、手作りのりんごジュースがおすすめです。
手作りのものは鮮度も良いですし、りんごの繊維が全て含まれていますので、栄養価も高いです。りんごジュースは酸化が早く、すぐに色が悪くなってしまいますので、市販のりんごジュースの多くは酸化防止剤などが含まれています。
手作りのりんごジュースは完全無添加ですし、価格も安く済みますよ!

画像: 便秘を改善するりんごジュースの選び方&飲み方

おわりに

りんごをそのまま食べるのも良いのですが、便秘中はただでさえ消化・排出の活動が低下しています。固形物よりもジュースにした方が、胃にも優しいのです。
便秘に悩んでいるなら、手作りの美味しいりんごジュースで改善してみませんか?

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.