健康は1日にしてならず!

「健康のために○○を始めた!」と言っている人をよく見かけます。
健康習慣を始めることは素晴らしいことですが、始めるだけなら誰でもできますよね。
大切なのは、健康を維持するためにその習慣が良い習慣ならば、半永久的に継続していくことです。どんなことでも、継続していくためには、精神的・経済的に無理があっては続きません。
そこで今回は、健康を維持するために食べてほしい年中手に入りお財布にも優しい健康食材をご紹介します!

値段も手頃で栄養豊富な食材

① バナナ

大きな価格変動がなく、いつでも手に入る果物は限られています。
その代表的な果物が「バナナ」です。1年中手に入り、価格も手頃で、栄養価も高く、傷みやすい果物にしては日持ちもするというスーパーフルーツです。
バナナはシュガースポットとも呼ばれる黒い点々が出てきた頃が食べごろとも言われており、この時期に、甘さと栄養価がぐっと高くなります。
スーパーでは黒くなったバナナはほとんど置いていませんが、栄養価を考えると、黒くなったバナナの方が良いので、美容と健康のために食べるなら、食べ頃を待って食べたることをおすすめします。

画像: ① バナナ

② 鶏むね肉

鶏むね肉も低価格で低カロリーかつ、栄養価が非常に高い食材の一つです。
鶏むね肉は良質なたんぱく質を豊富に含んでいますので、健康な体を作る上では見逃すことのできない食材です。
また、鶏肉むね肉の場合、牛肉や豚肉と違って、国産であっても低価格なので安心して食べることが出来るので、節約にもぴったりの主食です。
鶏むね肉独特のパサつきが苦手…という方は、焼き調理よりも蒸し調理がおすすめですよ。鶏むね肉は加熱時間が長ければ長いほど、過熱温度が高ければ高いほど、肉質が硬くなる傾向がありますので、保温調理で美味しく食べましょう。

③ きのこ類

高級なきのこもありますが、栄養価の面でも安価なきのこで十分です。
安価なきのこの代表的なものに、しめじ、エリンギ、マイタケなどがあります。
きのこは低下低カロリーなのに、栄養価が高く、あらゆる健康効果を持っている健康・美容食材です。きのこは単体で摂るよりも、複数種類を一緒に摂ることがおすすめです。

画像: ③ きのこ類

おわりに

スーパーに行って、健康のためにはどんな食材を選べばよいのか迷ったときは「旬の食材」を選ぶのもおすすめです。旬の野菜や果物は、その時期に最も適した環境で育っているので、栄養価も高く、価格も安くなっているのが特徴です。

また、旬の食材は、季節によって変動する体の健康を維持するための役割も持っています。
夏野菜には体を冷やす作用があり、秋野菜には体を温める作用があります。
旬の食材は、体を守る働きがありますので、食材選びに迷ったら旬のものを選びましょう!

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.