大豆食品は女性をキレイにする!

大豆食品には女性をキレイにする良質のタンパク質と不和脂肪酸が豊富に含まれています。
さらに、大豆食品の主成分「サポニン」や「イソフラボン」など、女性に嬉しい効能をもった成分がたっぷり含まれていますが、それらの成分は美白にも良いは働きをするんです!

大豆の成分・効能

① サポニン

サポニンは大豆のえぐみ成分であり、中性脂肪値を下げて弱った肝細胞を修復する働きを持っています。サポニンには血行を促進する作用もありますので、新陳代謝を活発にしてターンオーバーを促すことで、肌のシミやくすみを防ぎます。

② イソフラボン

イソフラボンは女性ホルモンに近い働きを持っていることでも有名ですよね。更年期障害や骨粗しょう症の予防・改善効果が広く知られていますが、実は肌にもとっても良い効果を発揮してくれるんです。
イソフラボンは保湿効果に優れていますので、乾燥から肌を守ることで古い角質の生まれ変わりをスムーズにします。

③ レシチン

レシチンは神経伝達物質の素になる成分です。
脳の働きを整えることで自律神経を整え、神経の乱れによる血流の低下を防ぎます。
血流の低下を防ぐことで、血液に乗って栄養が隅々まで行き届き、肌を整えます。

画像: ③ レシチン

美白をつくる大豆食品

① 豆腐

大豆食品の代表的なものの一つに「豆腐」があります。
豆腐は必須アミノ酸、グルタミン酸、チロシン、ビタミンなどが豊富で、通常の大豆よりも消化・吸収に優れていいますので、成分が体に届きやすいのも嬉しいです。

② 納豆

納豆成分「ナットウキナーゼ」に含まれるビタミンB2は、大豆の6倍にもなるそうです。
ビタミンB2は健康な肌をつくるためには欠かせない栄養です。
さらに、納豆は良質なタンパク質や食物繊維も豊富ですので、便通の改善にも役立ちます。

画像: ② 納豆

③ 豆乳

豆乳は大豆に水分を加えて潰し、煮てこした状態のものです。大豆よりも消化・吸収が良いにも関わらず、大豆と同じ「サポニン」や「イソフラボン」を摂取できます。
豆乳は美肌効果だけでなくアンチエイジングにも期待できます。
豆乳を選ぶ際は出来るだけ無調整のものを選びましょう。

④ おから

おからは豆腐の搾りかすなのですが、搾りかすといっても栄養がたくさん詰まっています。特に、食物繊維が豊富なのが大きな特徴です。
おからの食物繊維は不溶性なので、腸のぜん動運動を刺激し、便秘にも役立ちますよ。

画像: ④ おから

おわりに

美白を目指すなら、大豆食品は欠かせません。
健康で白く美しくなりたいならば、大豆食品は毎日でも摂取しましょう!

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.