シミ予防は紫外線対策が基本ですが…

シミの大きな原因は紫外線です。紫外線は1年中降り注ぎますので、1年中紫外線対策を必要です。紫外線対策の基本は、日焼け止め、帽子、マスク、日傘な、サングラスなどがありますが、それだけしても100%紫外線をカットすることは出来ません。
そこで今回は、紫外線対策にプラスして行ってほしいシミ予防方法をご紹介します。

画像: シミ予防は紫外線対策が基本ですが…

シミ予防方法

① 保湿を徹底する

肌の保湿は、ただ肌に潤いとハリを与えるだけではありません。保湿をしてあげることで、肌の新陳代謝を正常化し、メラニンの過剰生成を抑える役割も持っています。
皮脂分泌が多い方は保湿を怠りがちですが、溢れているのは皮脂であって水分ではありません。皮脂が多いからスキンケアはシンプルに行っている人、いませんか?

実は、簡単なスキンケアが更に皮脂を分泌させてしまっていることもあるんです。
皮脂の過剰分泌はシミの出来やすいお肌になることと同じです。
どんな肌質の方であっても、化粧水・乳液・美容液などの保湿を怠らないようにしましょう。

② 紫外線に当たる予定がある前夜はパック!

365日もあれば、どうしても紫外線を浴びなければならない日もあります。
レジャーの予定や、旅行の移動など、普段よりも紫外線を浴びるだろうなぁと事前にわかっているときは、いつもより念入りに保湿しておくことが大切です。
念入りに保湿しておくことで、肌は紫外線ダメージに強くなるのです。

③ 7時間の睡眠時間を確保

お肌のターンオーバーは、22時~2時の間が最も活発だと言われています。
つまり、この時間にはなるべく睡眠を取っているようにしておくことが大切です。
ターンオーバーが活発な時間帯に十分な睡眠時間を確保しておくことで、肌ダメージの修復を促します。

④ 肌を元気にする栄養を補給

・ビタミンC
ビタミンCにはメラニンの生成を抑えて、色素沈着を防ぐ作用を持っています。
また、肌をつくるコラーゲン生成にも欠かせません。
ビタミンCは水溶性ですので、体内で溜めておくことが出来ませんので、毎日たくさん摂るようにしましょう。ビタミンCが多く含まれる食材には、いちご、キャベツ、ブロッコリー、トマトなどがあります。

・ビタミンE
ビタミンEはメラニンの排出を助けて、新陳代謝も高めます。
ビタミンEが多く含まれる食材には、キウイ、大豆、うなぎ、アーモンド、ゴマなどがあります。

おわりに

紫外線対策にプラスして、あらゆるシミ予防対策を行うことで、シミに負けない肌をつくることは出来ます。
シミを予防するためには紫外線を浴びるのはよくありませんが、太陽の光は心を整える大切な温もりですので、たまには、太陽の光を浴びる日があっても良いかもしれませんよ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.