栄養豊富でお財布に優しい健康食材

① 卵

卵には人間が生きていくために必要な「必須アミノ酸」がバランスよく含まれています。必須アミノ酸は、免疫力を高め、ウイルスを撃退したりと、病気から体を守ります。
さらに、卵にはビタミンA、ビタミンB2、ビタミンE、マグネシウム、カルシウムなど、非常に多くの栄養が含まれていることから、完全栄養食とも呼ばれています。
何より、安価で調理方法が幅広いのもうれしいですよね。

摂取目安は1日1個と言われていましたが、近年の研究によると2〜3個食べても問題がないことがわかりました。ただ、コレステロールが高いので、コレステロール値が気になる方は食べすぎは控えましょう。

② 豆腐

良質なタンパクを低カロリーで摂れる食品の代表の一つが豆腐です。
精進料理にも使われてきただけあって栄養価の高さはお墨付きです!
豆腐は、高血圧の予防や、動脈硬化の予防、成人病や肥満などを改善するなど、あらゆる作用に優れています。
また、タンパク質ばかりが目立ちますが、実はミネラルやビタミンなども豊富なんです。消化が良く、胃にも優しい食材なので、体調が良いときだけでなく悪い時にもサラッと食べることができるのは嬉しいですよね。

調理方法も様々で、そのままま食べてもよし、焼いても、揚げてもよし!
栄養価だけでなく、料理のレパートリーが多いのも、豆腐が多くの女性に愛されている理由の一つです。

③ 鶏肉

鶏肉は他の肉の種類の肉よりも脂肪分が少なく、タンパク質も多いので、健康な体をつくるためには積極的に摂りたい肉です。
また鶏肉はそれぞれの部位に栄養の特徴を持っています。
たとえば、手羽先はコラーゲンを多く含んでおり、むね肉は皮膚や髪を健康を維持するビタミンB6が豊富です。栄養価が高いのに低カロリーなので、ダイエット中の食事にもおすすめです。

④ ほうれん草

ほうれん草には「ベータカロテン」が豊富に含まれています。
ベータカロテンは目や皮膚の健康に保つ働きを持っていますので、美しい肌をつくるためにも大切な栄養です。さらに、ほうれん草には、抗酸化作用を持つビタミンC、ビタミンEも多く含んでいます。

画像: ④ ほうれん草

おわりに

お金をかけたからといって美しくなれるわけでも、健康になれるわけでもありません。
自分が出来る範囲で健康に気を遣うこと、そしてそれを5年後、10年後も継続することが、美しさと健康を維持する近道なのです。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.