オリーブオイルは自然の便秘薬

オリーブオイルは自然の下剤とも呼ばれており、イタリアなどでは子供の便秘解消のためにオリーブオイルを飲ませているとか!
では、オリーブオイルが便秘に良いとされる理由はどこにあるのでしょうか?

オリーブオイルが便秘を改善する理由

① 便を柔らかく・滑らかにする

便秘の原因の一つに、便が硬くなってしまっていることにあります。
便は大腸に長くあればあるほど水分が無くなり、硬くなっていきます。
オリーブオイルは、小腸や大腸ですぐに吸収されない性質を持っているので、吸収されないオイルが便と馴染んで硬くなった柔らかくするといわれているんです。
また、排便の際に出が悪く、スムーズにツルンと出てくれる便もあれば、残便感が残ることもあります。そこで、オリーブオイルが潤滑剤となり、便の移動をスムーズに促すのです。

画像: ① 便を柔らかく・滑らかにする

② 腸のぜん動運動を刺激する

腸のぜん動運動が鈍くなるのも便秘の原因の一つです。
オリーブオイルには「オレイン酸」が豊富に含まれています。このオレイン酸は、腸を刺激することで、ぜん動運動を促す作用を持っているのです。
鈍くなったぜん動運動を活発にすることで、排便を促します!

③ 自律神経を整える

自律神経の乱れも便秘の大きな原因の一つです。
自律神経には交感神経と副交感神経があるのですが、交感神経が強くなることで便秘を引き起こしやすくするといわれています。交感神経はストレスを受けたり、緊張したりすると、強くなってしまうのですが、交感神経が強くなると腸の働きも悪くなってしまい、血行が悪くなるという特徴もあるのです。

血行が悪くなると、体は冷えて、結果的に便秘を招きます。
オリーブオイルには乱れた自律神経を整える「ビタミンE」が豊富に含まれています。
さらに、ビタミンEは末梢神経を広げて血行を促す作用も持っていますので、滞っていた血流も良くなり、腸の活動も活発になるのです。

おわりに

オリーブオイルが便秘に良いとされる理由は、直接的に便秘の改善をサポートするだけでなく、間接的にも便秘の予防・改善をサポートしてくれることにあったのです。
便秘に悩んでいるときはもちろん、便秘にならない体をつくるためにも、オリーブオイルの働きを借りてみてはいかがでしょうか?
ただし、どんなに身体に良いといっても「オイル(油)」ですので、適量を守って摂取しましょう!

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.