シミの原因の8割が紫外線!?

シミが出来る原因の8割が紫外線ともいわれているのをご存知でしょうか?
紫外線を受けた肌は「火傷を起こした!」と判断し、外敵(紫外線)から肌を守るためにメラニン色素を生成します。通常であれば、ターンオーバーとともにメラニン色素も剥がれおちるのですが、年齢と共にターンオーバーの速度が遅くなり、排出される前に色素沈着してしまいます。ですから、美白ケアの基本は紫外線から皮膚を守ることです。

しかし、紫外線を予防してれば大丈夫!と安心してしまっていませんか?
シミが出来る原因が紫外線の影響だけではありません。では、紫外線以外のシミが出来る原因は何にあるのでしょうか?

シミが出来る原因

① 心身のストレス

頬骨の周りやおでこにシミが出来てしまうことがありますよね。これらのシミは紫外線だけでなく、心身のストレスが原因となって生まれることがあります。ストレスが悪化すると自律神経が乱れて、血流も悪化し、代謝も低下してしまいます…。
ストレスによって出来てしまったシミには「ビタミンC」が効果的です。
ビタミンCはお肌の再生活動を促進し、シミの色素沈着を防ぎます。

② ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れによってもシミが出来てしまうことがあります。
生理周期は正常ですか?睡眠時間を毎日一定ですか?適度な運動はしていますか?
ホルモンバランスを整えるには、イソフラボンを多く含む食べ物を摂ったり、睡眠の質を高めることが大切です。

③ 内臓の不調

内臓の不調によってシミが出来ることもあります。
内臓の不調は肌の不調ともいわれるほど、顕著に肌に現れます。
運動もしているし睡眠もしっかりとれているのに肌の調子が悪いときは、食べているものや飲んでいるものを見直してみてください。

画像: ③ 内臓の不調

シミにはビタミンCが豊富な食べ物を!

どのシミにも有効とされているのが「ビタミンC」です。
ビタミンCは肌老化の原因と呼ばれる活性酸素を抑制してくれる働きを持っています。
活性酸素を抑制することにより、お肌の調子を整え、シミが出来にくい状態をを作ります。
さらに、ビタミンCには、肌の弾力性を高めるはコラーゲンを生成したり、メラニン生成を抑える働きを持っています。
また、ビタミンCは水溶性ですから、過剰摂取しても必要量以上は尿として排泄されますので摂取し過ぎる心配もありませんよ。

おわりに

普段、タバコを吸っていたり、油ものが好きだったり、ストレスを強く感じている人は、普通の人よりもビタミン不足といえます。
ビタミンは毎日摂取しなければならないほど重要な役割を担っていますので、お肌のためにも体のためにも意識的にビタミンを摂取しましょう!

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.