シミと戦う食べ物って?

すでにできてしまっているシミ、これから出来てしまうシミを防ぎ、改善するためには、体の中から美白食材を摂り入れることが大切です。
今回は、シミと戦う美白食材をご紹介します!

① キウイ

キウイにはなんといってもビタミンCが豊富です。
ビタミンCは、シミやそばかすを作るメラニン「チロシナーゼ」の働きを阻害してくれるので、対シミ・そばかすには欠かせない栄養です。
キウイの他にビタミンCを多く含む食べものに、アセロラ、ゆず、パセリ、ゴーヤなどがあります。

② ブロッコリー

ブロッコリーは美容成分「セラミド」が豊富に含まれています。
セラミドは紫外線などの外部刺激から皮膚を守るだけでなく、メラニンの生成も抑えてくれるのです。さらに、保湿作用もあるので、乾燥肌やシワにも効果的です。

画像: ② ブロッコリー

③ ミニトマト

トマトに含まれる「リコピン」には強い抗酸化作用があります。酸化による肌ダメージを軽減するだけでなく、シワの予防もしてくれるので、美しい肌には欠かすことができない食べ物です。通常のトマトよりもミニトマトの方が水分量が少なく栄養がぎゅっと詰まっていますので、ミニトマトをおすすめします。

④ 鶏肉

鶏肉にはシミの原因となるメラニン生成を抑え、角質に沈着してしまったメラニンの排出も促してくれる「L-システイン」の合成成分が含まれています。
本来、L-システインは食品の中に存在しないのですが、必須脂肪酸である「メチオニン」を摂取することで作られます。鶏肉の他にも、豚肉や牛肉にもメチオニンが豊富に含まれているのですが、鶏肉の方がカロリーが低く高タンパクなのでおすすめです。

⑤ ほうれん草

棒連想にはビタミンEが含まれています。
ビタミンEには、肌のターンオーバーを促す作用がありますので、色素沈着した細胞を排出しやすい状態を作り、白肌へと導きます。
また、ビタミンEは血液の流れも良くしますので、肌ツヤもUP!

⑥ にんじん

にんじんいは「β-カロチン」が含まれています。β-カロチンには強い抗酸化力がありますので、色素沈着を抑えたり、肌の炎症を抑制したりすることで、シミを予防します。
さらに、β-カロチンは、必要に応じてビタミンAに変わることも出来ます。ビタミンAはは皮膚の新陳代謝を高めて、ターンオーバーを活発にしてくれる作用を持っていますので、シミだけでなく、シワやくすみの予防にもなります。

おわりに

美白化粧品を使うだけでなく、シミと戦う食材を選んで食べることが美白への近道になるはずです。外側からのケアだけでなく、内側からも栄養補給をして、雪のような白肌を目指しましょう!

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.