体は痩せたいけど胸は痩せたくない…

ダイエットを始めたら真っ先に痩せてしまうのが「胸」!という女性は少なくないでしょう。というのも、心臓と近い部位にある胸は下半身などの脂肪と比べると血流が良いのです。血流が良い部位は、温かく柔らかいので、そもそも燃焼しやすい部位なのです。
つまり、人間の体の構造上、胸から痩せてしまうのは仕方ないことなのです…。

だからといって、ダイエットをして胸が痩せてしまうのは仕方のないことだと割り切れるかといえば、そうではありませんよね。多くの女性は、ただ痩せるのではなく、メリハリのあるボディを目指してダイエットを始めているはずです。
そこで今回は、ダイエットをしても胸まで痩せないコツをご紹介します。

胸を残すためのダイエットのコツ

ポイント① 激しい運動は控える

胸にとって「揺れ」はバストダウンの大きな原因となります。
これは、胸が揺れることで血流が良くなり脂肪が燃えやすくなるというだけでなく、胸の形を維持しているクーパー靭帯が伸びてしまい、胸の形が崩れる大きな原因となってしまうからです。ですから、ダイエットのために運動を始めても、上下に動かす運動をしたりする運動は控えた方が良いです。胸のことを考えるなら、ヨガなどのスローエクササイズがおすすめです。

ポイント② 上半身を鍛える

そもそも胸の脂肪は他の部位の脂肪よりも落ちやすいのです。
簡単に脂肪を落とさないためには、胸の脂肪を支えている大胸筋を鍛えることが大切です。大胸筋は胸の土台となるだけでなく、胸の位置を維持したり、血行を促進するために重要な役割を担っています。大胸筋だけでなく、背筋や首周りの筋肉を整えることで、上半身がバランスよく鍛えられキレイなバストをキープできますよ。

ポイント③ 無理な食事制限は止める

ダイエットによって胸が痩せてしまう大きな原因に、無理な食事制限があります。
いくらダイエットといっても、食事の量を極端に減らしたり、控えめにしてしまうと、胸は痩せやすくなってしまいます。ダイエット中の食事は、減らしたり、控えるのではなく、食べるものを選んで摂ることが大切です。

ポイント④ たんぱく質をしっかり摂る

胸をつくっている栄養はたんぱく質です。たんぱく質が不足してしまうと、胸はやせ細ってしまいます。ダイエット中は、脂身が少ない高たんぱくなササミ肉や大豆製品などを食事に摂り入れることでたんぱく質不足を防ぎましょう。

おわりに

ただ細い体は、女性としての魅力も半減してしまいます。
ダイエットの目的は細くなることではなく、メリハリのある引き締まった体を目指すことにあります。胸やお尻など、女性としての象徴はしっかりと残して、美しい体を目指しましょう!

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.