ダイエットに筋肉が必要不可欠な理由

画像: ダイエットに筋肉が必要不可欠な理由

ダイエットをしようとす時、闇雲に運動してもなかなか効果を実感することができないのは、代謝を促す筋肉量が不足しているからかもしれません。正常な状態の体内はエネルギーを蓄えるようにできています。必要以上にエネルギーを蓄えていると体がそれを普通だと思ってしまい太りやすくなるとも言われています。

体の基礎代謝が加齢や運動不足などが原因で落ちてしまっていることも考えられます。食べ過ぎている意識がないのに太りやすくなったと感じる方は、この原因が多く当てはまります。

そもそも人の体には、基礎代謝という「じっとしていてもエネルギーを消費する機能」が備わっています。これは体の内部で運動エネルギーが燃えた時に発生するもので、何もしなくても体が温められ血液循環が滞りなく行われているのはこのためです。

ダイエットを効率よく行うとするならば、まず体の基礎代謝をあげるようにするのが得策ですが、そのためには体に筋肉を蓄えておく必要があります。筋肉は食生活と筋トレによって質よく増やすことができるので、誰でも意識的に付けようと継続して行えば、しっかりと蓄えることができるものです。ムキムキになる必要はありません。必要なだけ補うつもりで無理のない範囲で筋肉を鍛えるようにすると、筋トレも苦にならず続けることができます。

痩せる為に必要な筋肉の効果的な付け方と注意点

画像1: 痩せる為に必要な筋肉の効果的な付け方と注意点

痩せるために筋肉を付けようとする際には、しっかりとダイエットに効果のある筋トレ法を理解して継続して取り組むようにしましょう。
大きな筋肉をつければ体が燃えやすくなると言う訳ではありません。燃えやすい筋肉というのはほとんどは、体の中心部にあり一度付いたら落ちにくい筋肉としても知られています。

この体の体幹に付く筋肉はインナーマッスルと呼ばれ、大きな筋肉よりは鍛えるのに手間と時間がかかります。同じ筋トレをするのであれば、よりダイエットに効果のある内側から痩せることのできる筋肉をつけると、日常的に痩せやすい体質に変えていくことができます。

⑴ 部分痩せよりも燃えやすい体質にする

画像2: 痩せる為に必要な筋肉の効果的な付け方と注意点

体の特定の部分だけを痩せようとするのはとても難しいことです。脂肪が気になる特定の部分を鍛えてもエネルギーの消費量はそれほど多くなく、部分的な筋肉を鍛えるよりも全身を使用する運動で体全体に筋肉をつける方が、効率的に痩せることができます。

部分的に筋肉をつけてエネルギーを消費してもその周りの脂肪を減らす直接的な要因にはなりません。体内では常に血液が循環し体温を上げてカロリーを燃やし続けているので、その部分だけ極端に細くなるというよりは、徐々に痩せていきます。気になる部分だけ落とそうとしても落とせないので、体自体を燃やすように工夫した方が効率よく痩せることができるのです。

ダイエットのために体を鍛えようとする際には特に、体全体を引き締めるようにマッサージなどのような間接的な方法ではなく、体全体を鍛えられる方法をとるようにしましょう。

⑵均等にバランス良く筋肉をつける

画像3: 痩せる為に必要な筋肉の効果的な付け方と注意点

大きな筋肉をつければ、それなりに代謝量も増えて早く痩せることができる場合もありますが、綺麗に痩せるためには向いていません。引き締まった体作りをしたいなら、徐々に筋肉をつけて燃えやすい体質にしていく方が効率的です。

筋肉の量によって体の動かし方も変わってきます。左右対称ではない筋肉の付け方をしてしまえば、体のどちらかに負担をかけてしまうことも考えられますので、筋肉量やどの部分につけるかのバランスなども考慮して筋トレをするようにして下さい。

⑶極端な炭水化物ダイエットはしない

画像4: 痩せる為に必要な筋肉の効果的な付け方と注意点

食事とダイエットはとても密接な繋がりがありますが、炭水化物ダイエットなどの単純に食べる物のエネルギー量を減らすような方法に頼っていると、食べる量が増えた瞬間にリバウンドしてしまいます。一番良いのは質の良い食事を心がけて適度に運動することですが、筋肉を鍛えてダイエットを始めようとする時には筋肉の材料となるエネルギー源をできるだけ減らさないように工夫しなければ筋トレの効果が実感しづらくなってしまいます。

筋肉を付けようとする際には、食事制限をするのはできるだけ避け、体に負担を掛けずに効率よく代謝を上げてくれる筋肉をつけるようにしましょう。

炭水化物ダイエットをする際には、筋トレの量を減らすようにしてそれぞれのバランスを見ながら、無理のない範囲でよく考えた上で行なうようにして下さい。

まとめ

ダイエットは1日にして達成できるものではありませんが、効率の良い方法を理解しておけばしっかりと結果を出すことができます。まずは、どうやったら健康的に痩せることができるかを理解してから取り組むようにすると、ダイエットで失敗した!なんてことを予防することができますよ!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.