ストレスを溜め込んでいる

ストレスを溜め込むと、体が太りやすくなると言われています。

イライラした時に脂っこいものが食べたくなたり、甘いものを欲することがありますよね?
これは、脳がストレスを感じると、エネルギー補給のために糖分をが必要と判断したり、アミノ酸の一種であるトリプトファンを補給するように体に指令を出すためです。

トリプトファンは、特に肉に多く含まれていますので、そのせいで脂ののった食品が食べたくなるのです。外からの刺激を予防するのは難しいですが、ストレスの原因が何かを解明して、ストレスの原因を体に近ずけないようにしましょう。日常的に感じる人との付き合いなどでのストレスは、なかなか防ぐことができないものですが、日頃からストレスを蓄積させないようにストレス発散方を見つけておくようにしましょう。

運動不足で代謝が落ちている

画像: 運動不足で代謝が落ちている

運動不足で体の代謝が落ちていると、体のエネルギーが十分に燃焼されず体内に蓄積してしまい、脂肪として体の中に残ると太ると言われています。代謝が落ちると体温も低くなるので、エネルギーの燃焼が効率よく行われなくなるので、悪循環になってしまいます。

激しい運動をする必要はありませんが、体を動かしたらすぐに体が温まるくらい、日頃から体を動かすことを習慣化しておくようにすると、運動不足を予防することができます。
筋肉をつける運動はエネルギーの燃焼を助けてくれるので、適度に筋肉を鍛えるような運動も取り入れてみて下さい。

朝食を抜いている

画像: 朝食を抜いている

朝食は1日の始まりの大事なエネルギー補給のタイミングです。これを逃すと、お昼まで栄養を取り込まずに動くことになるので、体の動きが鈍くなったり、脳が冴えなくなったりしてしまいます。
朝食を抜くと体の代謝も落ち、体温が下がりエネルギーを消費する量も少なくなります。消費カロリーが落ちれば、体は太りやすくなってしまうので、朝食はしっかりと取るようにしましょう。忙しくて難しい場合には、食べやすいものを選ぶように工夫してみて下さい。

グラノーラやヨーグルトなど簡単なものでも糖分があればある程後は体のスイッチがオンになると言われています。

夕食の量が多すぎる

画像: 夕食の量が多すぎる

昔から、「夕食はしっかりと」と言う風潮がありますが、これは食べ過ぎても良いということではありません。夜は血糖値が高くなるため過剰にエネルギーを補給すると太りやすくなると言われています。夕食にはしっかりとした食事を取りやすい上に、体の血糖値が高いので、太りやすい要因が重なっていて、ダイエットが上手くいかなくなる原因にもなります。

体の代謝には、波があるので夜には食事を多く摂りすぎないようにしましょう。
思っているよりも、カロリーの高い食品を摂取していることが多いので、注意が必要です。

糖質中心の食生活になっている

画像: 糖質中心の食生活になっている

太りやすい方の中には、炭水化物や糖分を取り過ぎている方が多いと言われています。糖分と脂質は味覚としてはとても美味しく感じるものばかりです。美味しいものを食べたいと思うのは味覚を持っている人間として当たり前のことですが、過剰な糖分の摂取は、ダイエット以外にも健康に害を及ぼす恐れがありますので、糖分や炭水化物の取り過ぎには注意するようにしましょう。

血糖値を急激に上昇させている

画像: 血糖値を急激に上昇させている

血糖値が急激に上昇した時に、体は脂肪を合成しやすくなると言われています。
本来は体に必要な栄養素を吸収するためにある仕組みですが、これが逆効果になてしまうこともあります。食事の際には、ガツガツ短時間で食事をしたり、空腹時に食事をするのは避けるうにしましょう。

血糖値を上げないために、血糖値を急激に上昇させな食材を選ぶようにすると、血糖値の急激な上昇を予防することができます。食品には、GI値という指標があります。この指標は、低ければ低いほど、血糖値が緩やかに上昇していく食品と言われています。GI値の低いものを選んで食事に取り入れれば、太りづらい食生活に変えていくことができますよ。

必要な水分量が確保できていない

画像: 必要な水分量が確保できていない

体の中に必要な量の水分がないと、太りやすくなると言われています。
汗をかくよりもお通じを良くした方が痩せやすいので、デトックスと呼ばれる体から毒素を出す行程を重視するダイエット方法が沢山考えられています。
体の水分量が少ないと血流が悪化し、体の隅々から要らなくなった老廃物を収集して体の外に排出することができなくなってしまいます。

体にとって排便や排尿は、ダイエットを抜きにしてもとても大切な生理機能ですので、この機能が低下してしまうと、体の中に有害物質が溜まったままになり、体に害を与えてしまうこともあります。痩せるどころか体調を崩してしまえば、ダイエットも上手くいくはずがありません。

水分をしっかりと補給して腸内環境を整え、健康的に体が本来持つデトックス効果を得られるようにしておきましょう。

まとめ

健康的に太りやすい体質を完全したいのなら、まずは生活習慣から見直してみるようにしましょう。体が本来持つ機能を邪魔していると、太る原因になることが多いのも事実。体の健康を考えつつ徐々に改善していくことが太りづらい体作りには大切です。太っていることに悩むよりも、健康的な生活を送れているかを心がける方が、より効果的に痩せることができます。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.